令和3年2月3日大田記念病院4階会議室にて第43回備後地域連携を考える会を実施いたしました。

今回もコロナウィルス感染症対策として、ご自身の施設で講演される演者の藤本先生と別会場にいる

大田理事長をリモートでつなぎ、会場参加者とWEB視聴参加者、両方での講演会開催となりました。

NPO法人備後脳卒中ネットワーク理事長 大田泰正より藤本先生をご紹介し、開催のあいさつをいたしました。 IMG_4368
【特別講演】

特別講演は自治医科大学 内科学講座 神経内科学部門 主任教授  藤本 茂 先生より、『「脳卒中診療と地域連携」―対策基本法と5ヵ年計画を踏まえて― 』 について、ご講演いただきました。

<講演要旨>

  • 寝たきり、要介護、死亡率のリスクが高い脳卒中は心原性脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があげられる。
  • 脳卒中・循環器病対策基本法が施行され、各都道府県で協議会が立ち上がろうとしており、学会主導の第一次5か年計画がスタートする。最終目標は健康寿命の延伸であるので、重症化しやすい脳卒中対策、特に高血圧対策を有効性をもって行うことが重要。対策基本法では地域医療連携の整備があり、脳卒中の医療と福祉の連携におけるキーワードは
    • 脳卒中地域連携パス、疾患管理プログラムによる情報共有、IT化によるデータ管理
    • 救急医療システム、遠隔医療
    • 多職種連携
    • 地域包括ケアシステム・介護保険制度の充実
    • 脳卒中相談窓口
  • コロナにより以前よりT-PA開始時間が長くなっている。地域では搬送システムを考え、時間を短縮することが大事である。
IMG_4371 IMG_4389
共催の第一三共株式会社様のご協力により、リモート講演会をスムーズに開催することができました。

 

 

 

第43回備後地域連携を考える会を開催いたしました。