平成29年6月30日 備後地域連携を考える会を開催いたしました。

ホームぺージアップ用

会の始めに、理事長の大田泰正より、先日行われました、ばら祭のアンケート結果について発表させて頂きました。

 

 

 

ホームページ用2特別講演は、広島大学病院 リハビリテーション科 教授 木村 浩彰 先生より、『ICF(国際生活機能分類)を用いた医療と介護の融合』の演題名で、医療・介護従事者の共通理解を深める指標として期待されているICFについて、事例を交えてご講演頂きました。

 

ホームページ用④次に、参加者によるグループディスカッションを「連携パスの運用について」をテーマにおこないました。実際に送る側、受け取る側の意見を双方向に報告し、現在の問題点やこれからの運用について話し合いました。各グループで話し合った結果について、今後発表させて頂く予定です。

この度は沢山の方にご参加いただきまして大変ありがとうございます。今後の運営について、ご意見を承っております。よろしくお願いします。

 

第34回 備後地域連携を考える会を開催いたしました。