2019年9月18日(水)福山ニューキャッスルホテルにおいて、「第17回備後脳卒中ネットワーク

シンポジウム」を開催いたしました。

備後脳卒中ネットワーク 理事長 大田泰正より開会の挨拶に続き、2016年度、大田記念病院に入院した

脳卒中患者の1年後受診データについて説明いたしました。

データによると、大田記念病院における1年後の受診率は63%で、受診者の3割に脳血管病変が認めら

れたということ。また、地域連携パスの活用についてお話しいたしました。

【特別講演】

講師: 西広島リハビリテーション病院 病院長 岡本 隆嗣 先生

テーマ:回復期・生活期リハビリテーションのプロセスとマネ

ジメント~脳卒中ガイドライン2015を含めて~

座長: 公立みつぎ総合病院 顧問 林 拓男先生

IMG_2966
 《講演要旨》

  •  高齢化により、併存疾患を持つ患者が増加し、リハビリは、合併症・認知症・低栄養への対応が必要。
  •  実績指数の導入により、発症から入院・在院日数が短くなった。
  •  西広島リハビリテーション病院では、回復期リハの質の向上のため、多職種がチームとして連携し、PDCAサイクルを回し2週間ごとにミニカンファレンスを行うこと、医療機能機構による第三者評価を導入している。
  •  生活期リハでは、生活の目標を明確にし、それを行うための活動能力や生活範囲を評価する。

上記内容について、スライドにより、わかりやすくお話をいただきました。

 【パネルディスカッション】

テーマ: 患者さんのためにパスを活用するには?

座長: 脳神経センター大田記念病院院長  郡山 達男 先生

パネリスト: 急性期  脳神経センター大田記念病院 理事長 大田 泰正 先生

回復期  福山記念病院  院長  松本 眞人 先生

生活期  さくらの丘クリニック  院長  安部 博史 先生

《 要  旨》

 郡山先生 パスについて急性期・回復期・生活期の先生の考えを聞きたい。

 大田先生 パスを継続していくことが再発予防の点から、患者さんにとってメリットになるが、

パスの運用を増やしていくことが課題。

 松本先生 事前アンケートによると、「パスを活用してカンファレンスを実施していない」と

のこと。パスは、患者さんにわかりやすく説明できるツールであることが望ましい。

 安部先生 生活期は在宅や施設で総合医が担当し、医療中心ではない。地域包括ケアネットワ

ークになる。医療機関の役割は現状説明と予後予測。パスには、再発予防策はない。

かかりつけ医にとっては、年に1回、パスとして情報が届くだけで、どのように情報

を返すことがベストか分からない。パスの目的が、「再発予防」と「重症化防止」と

するなら、今後の指針が知りたい。リスク管理のルール作成と関係者全員による順守

が必要だ。

 郡山先生 早期に再発を起こしている人が多いが、状況のフィードバックは必要か。

 松本先生 1年後の結果を検証して話をする機会があればいい。

 大田先生 パスが使える内容であること。パスは1年だが、実態はずっと続く。それに対応する

ものができればよい。パスが循環する形。

以上

IMG_2985 IMG_2972

アンケート結果はこちら  いただいたコメントはこちら

第 17回備後脳卒中ネットワークシンポジウムを行いました。