▽急性期脳卒中診療の連携を考える会を開催いたしました

令和3年1月14日福山ニューキャッスルホテル2階 琴の間にて、急性期脳卒中診療の連携を考える会を

実施いたしました。

当初、会場参加とWEB参加を選択できる講演会を計画しておりましたが、コロナウィルス感染拡大を

受けてWEBのみの開催となりました。会員病院ほか医療関係者43名の方がリモートで参加されました。

 

【一般講演】

座長:福山市民病院 脳神経外科 統括科長 大同 茂 先生

座長:脳神経センター大田記念病院 脳神経内科副部長・脳卒中センター長 寺澤由佳先生

『各施設からの活動報告』

・寺岡記念病院 脳神経外科 部長 竹信敦充 先生

・脳神経センター大田記念病院 脳神経内科 姫野 隆洋 先生

・福山市民病院  脳神経外科 統括科長 大同 茂 先生

 

【特別講演】

座長:脳神経センター大田記念病院 院長 郡山達男先生

『一次脳卒中センターとコア施設の役割と地域連携 -最近の脳卒中の話題とともに-』

川崎医科大学 脳神経外科学 教授 宇野 昌明 先生

 

 

急性期脳卒中診療の連携を考える会を開催いたしました。